あれ!?コレって婚約指輪?それとも結婚指輪?

他人にはあんまり聞けない指輪に関する男の疑問

結婚を前提に付き合っている女性にけじめ(プロポーズ)をつける時、何を用意しますか?プロポーズの言葉?夜景がきれいなオシャレなレストラン?婚約指輪?あれ??婚約指輪と結婚指輪は違うの?別々に用意しないといけないの?ってなりません?同じ様に思われがちですが、婚約指輪と結婚指輪はその意味が違います。婚約指輪はその名のとおり男性が女性に「婚約の証」として渡す物で、ダイヤモンドなど純潔で高価な物が好ましいです。一方結婚指輪は結婚への「二人の誓いの証」として、日常的に薬指にはめるペアリングを指します。

婚約指輪って婚約中だけなの?

じゃあ、婚約指輪って結婚したら使わないの?だったら結婚指輪だけで良くない?ってなりますよね?けど大丈夫です。使う機会はあります。他の方の結婚式やパーティーなど、特別な場で付けることが出来ます。なので、これから婚約指輪を買う予定のある男性は「婚約中だけだし安くていいや」なんて考えず、特別な場で映えるゴージャスで華やかなデザインの物を買ってあげてください。だからって身の丈にあってない物にならない様にしてくださいね。

指輪の相場ってどのくらい?

婚約指輪と結婚指輪の相場ですが。一般的に婚約指輪は平均30万円程度、20万~40万円くらいの幅があります。だいたい給料の一ヶ月とプラスアルファといった感じですね。昔はよく「給料の三ヶ月分」と言われましたが、今はそんな事はない様です。ただ、ダイヤモンドの大きさや品質、デザインなどによって値段が変わり。「値段=愛情」と思われるところもあるので、お気をつけください。結婚指輪はペアで10万~30万円程度で普段の生活に支障がない、シンプルな物が好まれます。男性にとって指輪選びは大変でしょうし、相手の女性と相談して決めるのも良い「共同作業」に成るかと思います。

婚約指輪とは、婚約した際、つまり結婚以前に購入する指輪のことです。これによって、婚約から確実に結婚に結び付けられるケースも多いのです。