夢見るようなロマンチックさを演出!?ギャザーたっぷりでかわいくコーデ!

ギャザータイプでスイートに

小さい頃に憧れて描いた花嫁の姿は、必ずギャザーたっぷりのドレスを着ていたという人も多いのではないでしょうか。お姫様のようにロマンチックな花嫁を目指したいのなら、ドレスのタイプはやっぱりギャザータイプがぴったりでしょう。そして、合わせるブーケも思いっきりスイートに仕上げるのがポイントですよ。たとえば、シースルーのパフスリーブがラブリーなドレスなら、袖の丸みやボリュームに合わせて丸い花と丸い形のブーケにまるで砂糖菓子のような花飾りを髪にもつけるとロマンチックに仕上がりますよ。

大人の女性のロマンチックスタイル

シルクタフタとシルクオーガンジーを組み合わせたドレスはギャザーはやや控えめですが、襟元と袖口に小さな巻きのバラがあしらわれることで一つのアクセントになります。ふんわりと揺れる清楚な印象のドレスですから、ブーケもナチュラルにあしらった花が軽やかに揺れるシャワースタイルのものにするといいでしょう。ドレスのシンプルで爽やかなイメージとコーディネートさせることで、大人婚の女性でもOKのロマンチックスタイルに仕上がりますよ。

ファーでおめかしして

全体に高級感のあるヴェネチアエンブロイダリーレースがかかっている繊細なドレスはシルエットはシンプルですが、素材の質感でロマンチックさを演出してくれます。ブーケは白い花でコンパクトにまとめるのがいいですが、地味になりすぎないようにイミテーションやファーやチュールをつかうことでブーケもおめかししましょう。そうすれば、ブーケが際立ち、ふわふわのファーに包まれた白のブーケが、花嫁をお姫様のように演出してくれるでしょう。

鶴岡八幡宮で結婚式をするには、事前にしきたりや礼儀作法について学ぶ機会があるため、初心者でも安心できます。